札幌の税理士吉田匡の自己紹介1〜出生から小学校卒業まで

 

 プロフィール

皆さん初めまして。札幌で税理士をやっている吉田匡(よしだただし)と申します。

初めましての方向けに複数回に分けて自己紹介させていただきます。

出生から小学校入学まで

1980年11月に白老町の病院で産まれました。3000g超えで元気に生まれました。そして2~3歳頃に苫小牧に移り住みます。IMG_2595

苫小牧の企業と言えば王子製紙。紙、パルプの街です。昭和38年に苫小牧港が開港、本州と物資をつなぐ重要な都市です。

最近ではトヨタ北海道、アイシン精機などの自動車産業も盛んな街。

苫小牧市の地図

そして苫小牧と言えば北寄(ホッキ)貝。マルトマ食堂のホッキカレーが有名です。(私は食べたことがありません 笑)

同世代の有名人は、松坂大輔、岡田准一、大野智、広末涼子、竹内結子、などなどです。

意外なところでは壇蜜、又吉直樹、ATSUSHI(EXILE)、朝青龍、などなど。(勝手に敬称略しました。ファンの方すみません。。。)

乳児期はたくさんミルクを飲んでいたようで、骨格がかなりしっかりしています。骨太です。

兄弟は二つ上に兄が一人。小さいころから兄の後ろをずっとくっついていくような子供でした。

当時おばあちゃん家の道路の脇にある溝に頭から落ちたようで、今でも眉のあたりに傷が残っています。

そして2〜3歳あたりにおばあちゃん家を出て苫小牧に引っ越したみたいです。

ヤクルト保育園に入る

3歳ころから母が働きだし、ヤクルト幼稚園なるところに通っていました。yjimage

今はあまり見かけないミルミルという飲み物も飲んでいました。(あと、緑色のヤクルトラーメンも)

吉田の家に行くと「ヤクルトがタダで飲める」と噂になり、友達が殺到したこともありました(笑)

父はこの頃から病気がちで入退院を繰り返します。よく母と一緒に病院にお見舞いに行っていた記憶があります。

この頃から母子家庭と同じ状態で、私が就職するまで母一人で生活を支えていました。

もう父も母も亡くなっていますが、本当に母には感謝しかありません。母の背中を見ながら、元気に育っていきました。

なかの保育園に入る

4歳になって「なかの保育園」に入ります。

このころ、保育園でキャンプの行事があり、初めて友達と保育園の先生だけで一夜を明かしました。親のいない環境で、全然寝付けず一睡もできないまま一夜を過ごしました。

小心者な性格はこの頃からだったんだなと思います(笑)

好きだったのは、「パーマン」「忍者ハットリ君」。また、戦隊もの(ゴレンジャー的なアレです。)もよく見ていました。

その頃の家にはお風呂がついていなく、週に2回近くの銭湯に行っていました。

冬は行くときは寒いですが、帰りはポカポカしてて温かく気持ちいいのです。銭湯に通っていたのも良い思い出です。IMG_2600

小学校時代

小学校に入学してからよく先生に言われていたことが、「だらしない」「集中力がない」「字が汚い」です。今も根本は変わらないかもです(笑)IMG_2601

この頃、ファミコン(正確にはファミリーコンピュータ)が流行りました。遊びと言えばファミコン。

土曜日の午前授業が終わると決まってファミコンのある友達の家に行き遊んでいました。

マリオはもちろん、ドラクエ、ファイナルファンタジーが特に皆んなやっていましたね。

その他にはビックリマンシールというのが流行りました。

毎週100円のおこずかいを握りしめ、土曜日の午後にビックリマンチョコ3個とうまい棒1個を買っていました。

小学校四年生になって、同じ苫小牧市内ですが引っ越ししました。やっと家にお風呂がつきました(笑)

そして、引っ越しした先に少年野球チームがあり、最初兄が入っていたのですが私もつられてはいってしまいました。(結局野球は高校まで続けました)IMG_2602

最初は野球の技術うんぬんよりもまずは礼儀作法。敬語なんて使ったことがなかったので、使えるようになるまでけっこう怒られましたね。

野球をやってたことで友達もできたし、大会で勝ち進んだり、キャンプや餅つき大会などすごく楽しかった記憶があります。

ただ、毎日の練習はキツく、夜7時くらいから始まるアニメも見れず、我慢強さだけはついたのかもと思っています。

ちなみに野球(というか運動全般)の才能は全然ありませんでした。運動は努力ではどうにもならないこともあるんだなと幼いながら感じでいました。

小学校のときの唯一の自慢は、自由研究で学校の代表になったことです。

ちょうどはなきんデータランド(だったかな?)というランキングを紹介する番組があったので、苫小牧のデータをランキングでまとめた研究です。

自分で市役所に行って、苫小牧の街路樹で使われている木のランキングなど調べていました。

自分の足で調べた(当時はインターネットなんてもちろんなかったです)のが評価されて学校の代表になり苫小牧大会?に行くことになりました。

ですが、当日高熱で参加できなくなり特別賞的なものをもらいました。

この頃から緊張に弱く人前で話すことは苦手だったので、むしろ「出るべくして出た熱」だったのかも知れません。

小学生の時が一番楽しかったですね。

色々な人生の勉強をしながら吉田少年は中学校にあがります。

中学生のときはこちらからどうぞ

コメント

コメント

 この記事の投稿者

吉田匡

札幌発。日本酒好きの税理士が経営支援とマーケティングで経営者のお悩みを解決しています。経営者の方には本業に集中できるように、何でも相談できる税理士をモットーに日々奮闘中です!エクスマ塾72期。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3 follow us in feedly

ページ最上部へ