売上が上がるほど資金は不足する。業績が同じくらいの会社なら、こんな社長に貸したいって思う。

 

 ブログ

札幌の税理士、よっしーこと吉田です。

いきなり本題に入りますが、売上が上がる時には借入の準備をせよ!っていうお話です。

銀行がお金を貸してくれる条件ってあるの?

銀行は2つの要素について審査しています。

ひとつは、決算書の数字が良いか悪いかなど、数値で確認できる定量的評価。

もうひとつは、社長の性格や会社の雰囲気、技術力などの決算書に出てこない定性的評価です。

IMG_5128

この二つが高ければお金を貸します。

だってそうでしょ。利益がきちんと上がっていて、社長の人格が申し分ないとしたら、誰だって貸しますよね。

でも、断られる理由は大体、「決算書の数字が悪いから」「もうちょっと実績が欲しい」とかです。

銀行のことを悪く言うつもりはありませんが、やはり「数字」で判断されることが非常に多いですよね~。

数字って誰が見ても同じ金額ですから非常にわかりやすいですからね。

売上が上がっているときときほど資金が不足するし、借りやすい。

よくこの決算書持っていったらいくらくらい借りれますか?って聞かれますが。

「あなたの決算書の数字からすると、500万円なら融資が可能でしょう。」

なんて、正直なところ正確にはわかりません。計算式も公表されていませんからね。

現に赤字でも融資が出た例なんてたくさんあります。

(でもなんとなくはわかるんで相談してね)

私の経験則として融資が出やすいケースとしてはやはり事業が伸びてきているとき。売り上げが増加傾向にあるときです。

「売り上げが上がってるなら借りなくていいじゃん」

って思うかも知れませんが、売り上げが増加傾向にあるときほど資金が不足します。

その理由についてはこちらを見てね↓↓↓

スタッフさんを増やす時は給料以外のお金がけっこうかかるんですよね。

売掛が増え

仕事をこなすための固定費も上がり

在庫も増えちゃう。

売り上げが伸びれば伸びるほどお金が必要なんです。だから大企業って何十億、何百億も資本金があるんですよね。

お金を必要な時に必要な額を借りるためには銀行との普段からの付き合いが大切

これからどんどん業績を伸ばそう、伸ばしたいっていう会社ほど銀行と仲良くなった方が良いです。

銀行員さんとお酒を飲みに行くとかじゃありませんからね。

銀行は計画を好みます。数字で判断するところが大きいから。

だから期首月には計画書をもって銀行を回ってみる。

「今年は○月に融資を○○万円検討しているのでお願いします」

くらいのことは言っておく。

銀行は、

「晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」

って言われますが、そうじゃないんですよね。

あらかじめ、

「○月には雨が降りそうなんで、傘を借りたいと思います。」

って言っておけばいいんじゃない?

もちろん雨の降り方によっては借りれないこともあるかも知れませんが、きちんと計画を立てている社長には銀行も協力的です。

だってさっき、赤字でも貸すことが全然あるっていったでしょ?

基本的には銀行も貸したいんです。金利収入が入るんで。

この部分って、社長の性格に影響するもので、銀行もきちんと見ています。(定性的評価ってヤツですね)

もしあと一歩ということろで差がつくとしたら、この部分じゃないかと思います。

やっぱり判断する銀行員さんも人間ですからね。

業績が同じくらいなら、計画性のある社長に貸したいですよね。

以上です!

 

 

 

吉田って誰?っていう方は公式プロフィールをご覧ください。

札幌の税理士吉田匡の公式プロフィール

吉田のことをもっともっと知りたい!というちょっと変わった方はこちらをご覧ください。(かなり長いです)

吉田匡生まれてから今までの軌跡

新陽税理士事務所に興味を持ったという方はこちらをご覧ください。

札幌の新陽税理士事務所、公式ホームページ

コメント

コメント

 この記事の投稿者

吉田匡

札幌発。日本酒好きの税理士が経営支援とマーケティングで経営者のお悩みを解決しています。経営者の方には本業に集中できるように、何でも相談できる税理士をモットーに日々奮闘中です!エクスマ塾72期。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3 follow us in feedly

ページ最上部へ