確定申告を税金の計算だけで終わらせたらもったいないぜよ!

 

 経営相談・税理士業務

札幌の新陽税理士事務所、税理士のよっしーこと吉田です。

私には顧問税理士はいません。って自分が税理士だから当たり前かも知れませんが(笑)

↓コレ国税庁のイメージキャラクターのイータくん。

e-ta_image2

顧問税理士がいると確定申告の数字をまとめたときに数字の説明をしてくれると思います。何が多いとか、利益率がどうとか。

これって一年を振り返る意味で非常に大事なコトなんです。振り返れる機会はこの時期しかないですからね。これは法人の決算も同じことが言えますので会社の社長にも当てはまります。

顧問税理士がついていないと自分で、今年はああだった、こうだったと反省をしなくてはただの税金計算だけで終わっちゃいます。

なので私も自分の帳簿をみては反省しています。

私なりの反省の仕方

まず帳簿を一つの科目ごと、一つの取引ごとに見ていきます。そうすると、

〇月〇日に○○円払った広告宣伝費は意味あったのかな~?

とか、

今○○の会の会費がかかっているけど、仕事や自己成長に繋がってるのかな~?

とか。色々と反省点が見えてきます。

でも、反省できない科目もあります。

例えば水道光熱費なんて固定費なので、多少節約したところでたかが知れています。家賃や電話代なんかもしかり。

もちろん、根本的にアンペア数を変えるとか、電話料金のプランを変えてみるとかは必要だけど、私が色々な会社を見ている限りではムダ使いしている会社はほとんど見受けられません。

社長個人の意思で支払いを決められる科目に注意

ここがミソ。

例えば異業種交流会に行くかどうかは社長が決めれること。どの広告媒体に出そうかとか、どの団体に所属するかとかもそう。

反省すべき点はここにありますね。

そんな調整可能な科目の例としては、「広告宣伝費」「販売促進費」「諸会費」「接待交際費」「会議費」「福利厚生費」なんかです。

特に営業に関連する科目である「広告宣伝費」「販売促進費」「接待交際費」は使いすぎる傾向にあるので、注意した方が良いでしょう。

でも・・・飲み会楽しいもんね(笑)

抜本的に見直せる科目もたまには見返しましょう

これは逆に調整不可能な科目です。

家賃なんかは調整不可能ですが、これを変えるとしたら移転するしかない。かなり大掛かりな作業です。

ちょっと面倒だけど抜本的に変えれる項目もたまには考えてみましょうということです。

科目の例としては、「地代家賃」「リース料」「管理諸費」など。そう何回もできないけどインパクトは大きい。

きっとこういうことを考えれるかどうかで、将来が変わってくるんだと思います。

変われるチャンスってそうたくさんありません。だからきちんと数字と向き合って反省・改善を繰り返すことができる経営者や個人事業主って強いんですよね。

でも、費用を減らすってことだけに主眼を置いてはいけないと思います。

利益を増やすには、費用を増やしてもそれ以上に売り上げを増やせばいいのですから。

経営はギャンブルではないので、堅実にやることが第一。でも時には大胆に攻めていきましょう。

 

 

 

 

よっしーの独り言

e-ta_image2

イータくん、全然知られてない・・。自分も知らなかった・・。

頑張れ・・・イータくん・・・(笑)

 

新陽税理士事務所では確定申告の受付をしています。ご興味のある方はコチラからどうぞ。

新陽税理士事務所、個人事業主の平成28年度確定申告のご案内

また、無申告や期限後申告などはコチラからどうぞ。

無申告・期限後申告でお悩みの方へ

コメント

コメント

 この記事の投稿者

吉田匡

札幌発。日本酒好きの税理士が経営支援とマーケティングで経営者のお悩みを解決しています。経営者の方には本業に集中できるように、何でも相談できる税理士をモットーに日々奮闘中です!エクスマ塾72期。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3 follow us in feedly

ページ最上部へ