札幌の税理士吉田匡、2016年個人の目標。

 

 よっしーの日常

 新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします!

IMG_2768

弊所は5日(火)より営業しますが本日から仕事始めと言う方は多いですね。

新年一発目のブログということで、個人的な今年の目標を書きたいと思います。

売上至上主義はやめよう

今年の個人の目標を考えるときにまず思ったのはコレです。

売上至上主義はやめようと。

私は「いくら売り上げなきゃいけない」、毎年そんなことを考えてきました。

言い訳をすると、

・ 固定費を払わなくてはいけない。

・ 社員に給与を払わなくてはいけない。

・ 自分も生活費がないといけない。

だから売り上げが必要なのだと。

でも完全には売り上げ至上主義はやめません。

とりあえず損益分岐点売上はやるべき

損益分岐点売上とは、損益がトントンになる最低の売上金額のことです。

この損益分岐点売上は確実に超えるまでは、意地でも這いつくばっても達成すべきだと思っています。

ただ、それ以上は無理をしないということです。

結局損益分岐点を超えてしまえば、出てくるのはこの3つ。

・ いくら会社に利益を残すか。(個人事業なら自分の所得)

・ いくら社員に還元するか。

・ いくら税金を払うか。

いやー、贅沢な悩みですね。

正直、税金は考えなくて良いです。残った利益にしかかからない仕組みなので、全部取られるわけじゃありません。

それと、損益分岐点売上の計算には、

会社の目標利益もプラスしておいてくださいねー。

必ずです!!

でないと会社を回すだけになってしまいますからね。

で、結局今年の目標は「無理をしない」とこ

個人の目標は・・ゆるい(笑)

無理をしないこと。

しかもなんか抽象的な目標です(笑)

ですが、「売上を上げること」は会社のやるべきことであり、私のやりたいことではないのに気づきました。

もちろん、損益分岐点売上にいかなければ無理はしますよ。

百戦錬磨の経営者なら「バカ言ってんじゃないよ」と怒られそうですが、バカでも狂ったわけでもありません。

同じ頑張るなら、売り上げのためだけに頑張るのはばかばかしいと思ったからです。

自分のやりたいことでお客様が良くなることを提供できれば、自然と売り上げはついてくると思うのです。

もちろんそんなきれいごとばかりではないと思います。

今年中とか短いスパンでは難しいと思います。

でも理想を追い求めないと、理想にたどり着くことはできませんから。

強いて目標を言うなら、昨年はかなりインプットした年だったので、

今年はアウトプットしていきます!!

お正月は大好きなお酒を飲み、おせちを食べました~。

娘も一緒に(ウソです)

 

IMG_2813

IMG_2736

IMG_2773

今年もよろしくお願いいたします!!

コメント

コメント

 この記事の投稿者

吉田匡

札幌発。日本酒好きの税理士が経営支援とマーケティングで経営者のお悩みを解決しています。経営者の方には本業に集中できるように、何でも相談できる税理士をモットーに日々奮闘中です!エクスマ塾72期。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3 follow us in feedly

ページ最上部へ