お友達トッキ―の通信から学んだ商売の基本。

 

 マーケティング

 こんにちは。吉田です。

今日お友達のトッキ―こと時田正宏さんから心のこもった通信いただいちゃいました。

トッキ―の通信について私なりにマーケティング視点で切ってみたいと思います。

IMG_3033

営業しないことが営業になる。

中小企業の営業スタイルは大企業とは違います。

大企業は大量の広告投入である一定の売上を確保します。

確率の世界ですね。

でも私たち中小企業がそんなことをしていたら、いくらお金があっても足りません。

私たち中小企業が大切にしたいのは・・・

お客様との関係性です!

珍しく言い切った(笑)

トッキ―の通信には営業文句が一切載っていない。

ダイレクトメールじゃないんですね。

定期的なお便り。

お便りだから売り込みはしない。

一番右にいる人がトッキ―。ふっちーさんのFBより勝手に拝借(笑)

12438964_194832984201851_2416578561831137450_n

トッキ―の通信に載っているものとは

・筆ペンに最近はまっています!

・今月のお客様の紹介

・「トッキ―」と呼んでください!

要約するとこの3点だけ。

トッキ―の会社時田工業は「シラカバ樹液50%配合した化粧品のピュアタイム」を売っています。

なのに、どんな化粧品がいくらで販売しているのかが書いていない。

ミスプリか?

それともやる気がないのか?

ミスプリでもやる気が無いわけでもなく、トッキ―はお客様との関係性を大切にしているということです。

化粧品は世の中にたくさんあります。ありすぎます。

百貨店、ドラッグストア、イオンにも。数え切れないほどたくさんあります。

みなさんの業種だってそうでしょ?同業他社なんていくらでもいる。

酒屋さんはいっぱいあるし、車屋さんもたくさんあるし、税理士事務所も腐るほど(笑)

中小企業は覚えてもらうことが大事

たくさんあるお店の中でなぜその化粧品をお客様は買うのか。

やっぱり人は信頼関係で結ばれている。と思うのです。

もしあなたがトッキ―と友達だったら

・ニキビができたらトッキ―に聞けばいい。

・お肌がカサカサならトッキ―に聞けばいい。

と思うでしょ。

でもトッキ―のことを知らない人は、トッキ―に聞きにくいですよね。

恐い人かも知れないとか、売りつけられるんじゃないかとか、そんな不安がよぎります。

だからまず取り除くのはお客様の不安。

育むべきことはお客様との信頼関係。

これは間違いないことです。

変な話、私のやっている税理士の商売は、人の財布の中身をみること。

この人になら通帳を見られてもいい!

ってお客様に思ってもらえないと、そもそも商売が成り立たない。

だから信頼関係が大切。

トッキ―も私も無駄にFacebookやブログで情報発信をしていないってことです。

情報発信することによって、商売の基本となる信頼関係ができる。

それが分かっているかどうかで、これからの商売のやり方が変わってきます。

私とトッキ―は一回しか会っていないですが、フェイスブックやブログで毎日のように会っています。

これも大きいです。

それであの通信。手書きで心を込めて書いています。

私宛のメッセージもありました。

普通に考えてそんな人が化粧品売りつけたりしないでしょ?

もしあなたが今売り上げが上がらなくて悩んでるとしたら、お客様との関係性を築くことから始めてはいかがでしょうか?

きっといいことが起こると思います。

トッキ―のピュアタイム化粧品はこちら

トッキ―のブログはこちら

トッキ―、素晴らしい通信ありがとう!!

IMG_3030

この「ありがとうございました」の文字は一人一人手書きなんですって。

すごいよ。トッキ―。

ちなみに私とトッキ―は歳が同じで高校球児でした。

トッキ―は高校時代、超有名校のピッチャー。現役時代は140キロは出せたそうです。

高校の時の私は120キロが限界。しかも補欠(笑)

やっぱりすごいよ。トッキ―。

 

よっしーの独り言

 

野球は下手でもベンチを温めるのはうまい!!!

 

今日も最後まで読んでいただき有難うございました。

コメント

コメント

 この記事の投稿者

吉田匡

札幌発。日本酒好きの税理士が経営支援とマーケティングで経営者のお悩みを解決しています。経営者の方には本業に集中できるように、何でも相談できる税理士をモットーに日々奮闘中です!エクスマ塾72期。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3 follow us in feedly

ページ最上部へ